学習塾成績UPラボ

確実に成績UPを叶えます

失敗しないために今年から変わる「英語」の難化に備えろ!?

大学入試改革に注目が行きがちですが、個人的には、中学校の学習指導要領の改定の方が、今後の生徒の学力に大きな影響を与えるのではないかと危惧しています。

特に、英語においては顕著になるのではないかと思っています。そこで、今回は、2021年から始まる中学校の英語の学習指導要領の改定について、ご紹介します。

現在の高校生が習っている範囲が入る?!

これまで、高校生で習っていた「仮定法過去」を中学3年生で習うことになります。英語の学習指導要領の改訂を解説している書面では、下記の文法項目が学習範囲に入りようです。

If I were you, I would ask my best friend to help me.
If you had five million yen, what would you do?

また、「wishの用法」も入るため、仮定法の定義をしっかりと抑えておかないと文章の根本的な理解が難しいと言えます。

I wish I knew my catʼs feelings. She is always crying in the house.
I wish my mother didnʼt have too many things to do today.
I want to go shopping with her to buy her birthday present.

覚える英単語の数が急激に増加

実は、もっと大変なのが、英単語の数が急増するということです。下記のデータをご覧ください。

【旧学習指導要領】
・中学校で学習する英単語:1200語程度
・高校で学習する英単語:1800語程度
合計:3000語程度

【新学習指導要領】
・小学校:600〜700語程度
・中学校:1600〜1800語程度
・高校:1800〜2500語程度
合計:4000〜5000語程度

まず、中学入学時点(要するに、小学校卒業)で、600〜700語程度の英単語を習っているという前提で、中学校で1600〜1800語習います。

そして、結構レベルが高い英単語も中学で習わないといけなくなります。具体的には、下記のような単語です。

英検1級相当の英単語】
disabled(中2)、evacuation(中3)、interdependent(中3)、populous(中3)など

【英検準1級相当の英単語】
donate(中3)、ethnic(中2)、extinction(中3)、glacier(中2)、legacy(中2)、waterproof(中1)など

文法ももちろんですが、英単語もしっかりと対策しておかないと、定期テストに大きな影響が出ますので、しっかりと学習するようにしましょう。

2021年に新中3生が本当に気をつけたいポイント

実は、2021年に新中3生になる学年は、気をつけて欲しいポイントがあります。それは、現在の中3生が習っている単元が、新指導要領では中2で習うことになる文法があることがあります。

その場合、学校では、ただでさえ指導する内容が多くなるので、指導対応が疎かになる可能性が十分に考えられます。特に、弊塾のある千葉市では、「現在完了」が今回の新学習指導要領への移行で、中3から中2へ移行となります。

そのため、春期講習などで補完授業を行うことがおすすめです。

新しい学習指導要領に対応するためのポイント

すでに塾に通っている生徒・保護者

今までの英語の勉強では、これからは太刀打ち出来ないことは十分にわかっていただいたかと思います。では、既に塾に通っている生徒・保護者様はどうすべきかを下記にまとめましたので、ポイントを確認してみてください。

【対応ポイント】
① 英単語・英熟語の学習時間を増やす
② これまでに習った文法をおさらいしておきましょう。
③ テスト範囲が広くなることを前提に予習しておくようにしましょう。
④ 新学習指導要領で、中3→中2(ないし中1)へ移行する学習単元は、学校の対応が疎かになる可能性があるので、季節講習などで補完しておきましょう。

これから塾を見つける生徒・保護者

今回、模擬試験や教材会社と新学習指導要領について、打ち合わせをしてきましたが、どうやら新学習指導要領に対しての危機感に大きな差があるようです。

危機感を感じている学習塾は、授業時間を見直したり、事前にテキストサンプルを見ながら、カリキュラム設定をしているようです。一方で、危機感がない学習塾は、そもそも新学習指導要領の内容がわかっていない場合があります。

【塾へのヒアリングポイント】
「新学習指導要領で英語の指導内容が大きく変わることを知っているかどうか」と「それに対する対応策」を聞くようにしましょう。

\「学習相談」や「体験授業」はこちらから/

    生徒様氏名 *
    E-mail *
    電話番号*
    学年*
    お問い合わせ項目*
    お問い合わせ内容
    (ご要望、お悩みなどをご記入ください)

    コメントはこちら

    *
    *
    * (公開されません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください