学習塾成績UPラボ

確実に成績UPを叶えます

絶対に失敗しないための成績を伸ばしてくれる学習塾の選び方

集団塾と個別指導塾どっちを選ぶ?

集団塾を選ぶ上で知っておきたいポイント

「理解力」の有無が鍵

そもそも集団授業は、年間で決められた計画で授業が進むので、もし理解が出来ていないところがあったとしても、授業は計画に沿って進んで行きます。そのため、授業で前に戻る時間がなく、理解が追いつかない生徒は、どんどん置いて行かれることになります。

一方で、順調に理解できる生徒(=つまり成績上位を取っているような生徒)にとっては、非常に有意義な時間になるかと思います。特に、レベルが高いクラスで理解しながら、進めることが出来る生徒は尚更、有意義な時間となります。

ただし、注意が必要なのが、「国語」が苦手な生徒です。国語の集団授業を受け続け、宿題をたくさん出されて、ただそれをこなすだけになるだけで、成績が上がらないことが多いです。その場合は、国語に強い個別指導を探すか、国語のテクニックが綿密に書かれている教材で勉強するようにしてください。

理解力が高い生徒(成績上位生徒)は集団塾を選ぶべし!

成績が上がらないなどの「課題解決」はご自身で

集団授業のメリットは、均一なコンテンツをより多くの人に届ける点にあります。そのため、サービスすなわち「指導の均一性」が価値となるので、生徒が抱える課題解決はあまり当てにしないほうが良いでしょう。

中には、一人一人の課題に向き合おうとするいい指導者もいるかもしれません。しかし、サービスの骨格としては、より多くの生徒に授業というコンテンツを提供するかが集団のコアな部分なので、そこを期待するのは過度な期待と考えたほうが良いです。

実際の話で、「先生にわからない問題を聞きに行ったところ、長時間待たされた挙句に、時間がなく聞けなかった」って話もあるくらいです。

集団塾のメリットはあくまでも均一化された授業を多くの生徒に提供すること。
→生徒個人の課題解決まで期待するのは過度な期待は危険!

本当に気をつけたい落とし穴

集団授業で気をつけたいのが、生徒の学力に「テキスト」が合っていないということです。ある研究で、生徒の成績が伸びる問題集の特徴として、生徒の正答率が7〜8割程度のテキストが良いという結果が出ています。

しかし、集団授業の場合、コースやクラスでテキスト・問題集が決められてしまっており、そのレベルが合っていないと自分で進めることも非常に難しい状況になり、ただ通塾するだけという事態になってしまいます。

実体験として、首都圏を展開しているR塾に通塾していた生徒が、なかなか成績が上がらないということで、転塾されてきました。そこで、実際の学力を測ったところ5教科の偏差値が41だったのですが、その塾で使用していたテキストが「発展編」だったということがありました。

集団授業は、特にテキストが学力に合っているのかを常に確認すべし!

次は、個別指導の塾を選ぶ上で知っておきたいポイントについてご紹介します。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください