学習塾成績UPラボ

確実に成績UPを叶えます

幕張西中と習志野3中生必見⁈成績UPに絶対必要な『暗記したことを忘れないコツ』とは?

2019年2月22日
幕張西中と習志野3中生必見⁈成績UPに絶対必要な『暗記したことを忘れないコツ』とは?

成績UPラボは、「幕張西中」と「習志野3中」の生徒様のご自宅に近いところにあります。そこで、今回は、定期テスト前に使える、「暗記方法」をご紹介します!

覚えたものを定着させるために必要なたった2つとは⁈

みなさん、テスト前に、遊ぶ時間や寝る時間を我慢して、一生懸命、暗記モノを覚えようとしているんじゃないでしょうか?そんな時に、意識したい2つのことをご紹介します!それは、

  1. タイミングに注意して、暗記したものを復習する
  2. ただ読んで覚えるより、「思い出す」ことで、圧倒的な暗記定着に繋がる

この二つは、実際に海外の大学の論文でも証明されているので、もう少し詳しく見ていきましょう!

エビングハウス忘却曲線を効率よく活用⁈

先ほど、「タイミングに注意して、暗記したものを復習する」ことが、大切とお話しましたが、そのベースになっているのが、エビングハウス忘却曲線です。

幕張西に新しくできる成績UPラボのエビングハウス曲線とは

(wikipedia:忘却曲線

エビングハウス忘却曲線とは、心理学者のエルマン・エビングハウスによって提唱されました。これは、人間の記憶の定着度合いを示しています。

  • 20分後:42%忘れる
  • 60分後:56%忘れる
  • 9時間後:64%忘れる
  • 1日後:67%忘れる
  • 2日後:72%忘れる
  • 6日後:75%忘れる
  • 31日後:79%忘れる

上記のように、人間が忘れるペースが記載されています。ただし、上記の図の緑色の曲線で表されているのが、左から順に、復習した順に忘れるペースがなだらかになっていることが表されています。要するに、一度勉強するだけでなく、複数回こまめに「見直す」ということが大切だということです。

では、どのタイミングで見直すのがいいのでしょうか?それが、「タイミングに注意して」復習するということです!ここで、カナダのウォータールー大学である研究結果が出ました。それは、下記のタイミングで復習すると暗記が定着するということです!

  • 最初に覚えてから24時間以内に、10分間の復習すると暗記率は、100%まで回復する
  • 次の復習のタイミングは、1週間以内に5分の復習で、暗記が回復する
  • 次に、1ヶ月以内に2〜4分の復習で、暗記が回復する

要するに、1日以内(10分間)、1週間以内(5分)、1ヶ月以内(2〜4分)の復習頻度で、暗記を回復させることができるというのです!これなら負担なく復習できますよね。

大事なのは、「覚える」ことではなく、『思い出す』こと⁈

2006年に、ワシントン大学の2人の認知心理学者が出した論文には、覚えようとするものを書き出したり、見たりする以上に、頭の中から、情報を引き出そうとすることの方が、記憶を強化することができると提唱しています。実は、もう一つ「思い出す」には、重要なポイントがあります。それは、エビングハウス忘却曲線でも表されていましたが、「忘却」を遅らせることができるとされています。

一生懸命「覚える」のではなく、「思い出そう」とする行為が、記憶を強化し、忘却を遅らせることができるということは、非常に重要なポイントなので、テスト前に実践することをおすすめします!

この手法をベースに、学習塾成績UPラボでは、効率の良い「暗記法」で、勉強のやり方指導を行っていきます。ご興味ある方は、下記のお問い合わせまで、ご連絡ください。なお、品質担保・品質向上のため、定員を25名とさせていただきますので、お早めに、お問い合わせください。

学習塾成績UPラボにご興味のある方は、「お問い合わせ」をクリック

お問い合わせ

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)