学習塾成績UPラボ

確実に成績UPを叶えます

【幕西中試験対策情報】2019年中2生 前期期末テストの注意ポイント

2019年8月27日
【幕西中試験対策情報】2019年中2生 前期期末テストの注意ポイント

幕張西中では、9月10日11日と前期試験が実施されます。そこで、今回の中学2年生の試験(5科目)で注意すべきポイントをご紹介します!

全体的な勉強の戦略とは?

今回のテストは、期末テストということで、5教科以外にも、保健体育と技術の実技科目のテストも入ってきます。そのため、テスト勉強をする前に、勉強の戦略を大まかに立てておく必要があります。

特に、今回は、「国語」と「数学」と「理科」の三科目の試験範囲が、非常に広く、そして内容が重いので、なるべく早く手をつけるようにしておくことをおすすめします。そのため、できれば、三週間前には、この3教科については、テスト勉強を始めるようにしましょう。また、残りの「英語」と「社会」は、2週間前から本格的なテスト勉強を初めておくことをおすすめします。

テスト勉強ポイント①
三科目(国語・数学・理科):3週間前には勉強開始しておきましょう
二科目(英語・社会):2週間前には勉強開始しておきましょう

 

これまでに指導してきて、成績が上がった生徒の共通の特徴をまとめた記事を作りましたので、ご参考までに!

勉強の成績を上げるための要素を数式で考えてみた

国 語

今回の国語のテストは、「漢字」「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」の暗記問題で、かなりの得点が稼げるかと思います。しかし、「四字熟語」と「ことわざ」、「慣用句」のボリュームはかなりの量がありますので、根気強く暗記していかなければなりません。

注意すべき四字熟語意気衝天(いきしょうてん)、異同音(いくどうおん)、一(いちもうだじん)、一いっちょういっせき)、勧(かんぜんちょうあく)、疑心暗(ぎしんあんき)、色(こうげんれいしょく)、五里霧中(ごりむちゅう)、言語道断(ごんごどうだん)、試行錯誤(しこうさくご)、朝(ちょうれいぼかい)、東西(とうほんせいそう)、内(ないゆうがいかん)、尾(りゅうとうだび)

 

ことわざで注意するポイントことわざでの出題は、「意味」と「ことわざ」を結ぶ問題が多いので、特に「ことわざの意味」を覚えておきましょう。

 

慣用句で注意するポイント体に関する慣用句をマスターしましょう。特に、「頭」「目」「鼻」「口」「手」を重点的にやっておきましょう。

 

メディアと上手に付き合うためにこの文章でポイントになることは、筆者である「池上彰」さんが言っている「メディアと付き合うために大切なこと」が何かということです。文章を読解してみると、「情報をただ鵜呑みにするのではなく、自分で確認して、判断することが大切」と言っています。ですので、内容一致問題で出題される可能性があるので、注意してください。この文章でポイントになることは、筆者である「池上彰」さんが言っている「メディアと付き合うために大切なこと」が何かということです。文章を読解してみると、「情報をただ鵜呑みにするのではなく、自分で確認して、判断することが大切」と言っています。ですので、内容一致問題で出題される可能性があるので、注意してください。
また、「編集とはどんな作業か」ということはまとめておく必要があるでしょう。そして、「『一覧性』とは何か」もチェックしておきましょう。

 

類義語・対義語・多義語教科書やワーク、ノートに出てくる単語の類義語や対義語、多義語をチェックするようにしましょう。

 

新しい短歌のためにどの短歌が、「正岡子規」「与謝野晶子」「斎藤茂吉」のものなのかは、しっかり整理しておきましょう。語順を入れ替える技法である「倒置法」や詠嘆の意味を表す「けり」については、もう一度、確認するようにしておきましょう。

 

短歌を味わい各短歌の区切りは、全て確認しておくようにしましょう。また、栗木京子さんの「観覧車 回れよ回れ 〜」の短歌で用いられている「反復法」「対句法」「体言止め」はチェックしておくようにしましょう。

 

字のない手紙この文章では、「父と私」の関係を理解しておくようにしましょう。その上で、「現実の父」と「手紙での父」の印象を整理しておくと話を理解しやすくなります。また、父の言動や行動から、父の人物像を理解するように心掛けましょう。

数 学

今回の試験の得点のポイントになるのは、前回の試験でも、おそらく正答率が低かっただろう「式の計算の利用」「連立方程式の利用」だと思います。いかに、たくさんのパターンの問題に触れて、理解してきたかによって、点数に影響が出てくるかと思います。そこで、「式の計算の利用」と「連立方程式の利用」で、特にやっておきたい問題をご紹介します!

【式の計算の利用】

数の性質の証明「偶数:2m」「奇数:2m+1」「5の倍数:5m」「連続する3つの整数:m、m+1、m+2」「連続する2つの奇数:2m+1、2m+3」と置いて、証明していくという方法をもう一度確認しておくようにしましょう。

 

等式の変形移行したり、両辺をある数で割ったり、掛けたりして、一つの文字を求める式を導き出します。この方法は、中1の時の方程式の解法と同じですので、確認しておくようにしましょう。

【連立方程式の利用】

連立方程式の利用では、「何をx,yとするか」を決めて、式を立てなければなりません。また、この単元の問題には、いくつか種類があるので、そのポイントをご紹介します。

代金 / 個数を求める問題この種の問題は、多くの生徒の得点源となるはずですので、成績上位者は、この問題は、サラッと進めて、そうでない人は、なるべくこの種の問題を多く解くようにしましょう。

 

整数に関する問題「2けたの整数:2x+y」「3けたの整数:100x+10y+z」で表すことができて、これを使って、問題を解いていく場合は、もとの数を入れ替えたりする問題が多くあるので、確認しておきましょう。

 

速さに関する問題文章に書かれている内容を図に書いて理解するようにしましょう。そして、何をx,yにするのかを決めて、速さの公式を使って式を立てるようにしましょう。また、この問題の中でも難易度が高い「鉄橋(トンネル)を鉄道が通過する」問題は、余裕があれば触れておきましょう。

 

割合に関する問題「定価と割引の問題」や「人数の増減」など、「%」や「割・分・厘」を使って式を立てるようにしましょう。特に、食塩水の濃度の問題は、余裕があれば、必ず触れておくようにしましょう。

 英 語

今回のテスト範囲は、Lesson3 〜Lesson4②までということで、そこまで、範囲が広すぎるということではないので、なるべく一通り早めに触れておいて、他の科目に時間を割くようにしましょう。

ただし、今回のテスト範囲には、受験でもよく頻出する英文法が出てきますので、注意しておくようにしてください。

重要な英文法・未来を表す表現(=will,be going to 〜)
・接続詞that
・must,mustn’t
・There is[are]〜.
・動名詞

理 科

テスト範囲が、「化学変化と原子・分子」全てということで、前回の試験範囲もしっかりと入ってきます。その中でも、「化学反応式」と「化学変化と物質の質量の計算問題」は、「出来る人と出来ない人」で大きく分かれる問題ですので、しっかりと取り組むようにしましょう。

理科の重要ポイント
・周期表を覚え直す
・化学反応式を覚え直す
・化学変化によって起こる質量の変化を計算して求める

計算問題は、特に、重点的に勉強することをおすすめします!

社 会

社会は比較的、テスト範囲が限られているので、手をつけやすいかと思います。また、4月〜8月までの時事問題については、「令和」に関する問題、「新札の人物名」、「イランのホルムズ海峡問題」、「トランプ大統領と金正恩総書記の会談」などが挙げられますので、よく確認しておくようにしましょう。

社会の重要ポイント
・幕藩体制について(大名の支配の仕組み、武家諸法度と参勤交代について)
・航路の整備(菱垣廻船、樽廻船とは?)
・都市の繁栄(株仲間と両替商についてまとめましょう)
・元禄文化とその代表作
・田沼意次の政治(株仲間の奨励とは?)〜松平定信の政治(どのような政治を行ったか)
・国学や蘭学、化政文化の代表作

 

上記はあくまでも、重要なポイントを簡単にまとめただけです!早めに手をつけて、満遍なく、触れるようにして行きましょう。成績UPラボに通塾していなくても、期末テストの点数を上げるための「テスト対策講座」は受講可能です!ご興味ある方は、下記のボタンをクリックしてみてください。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)